カテゴリ「イギリス探訪記 2012」の記事一覧

はじめに

 2012年3月末日をもって、初期医師臨床研修を終えて、滋賀医科大学精神医学講座に入局し後期研修医として勤務することになった。滋賀医科大学精神医学講座および地域精神医療学講座は、滋賀県の精神科医確保のため近年後期研修医の確保に努めている。今回、研修医であった私が滋賀医科大学精神科に入局する動機となり、滋賀県での精神医療に従事すると決意した際の、きっかけの一つとなったのが今回のイギリス・ロンドンにおける研修の機会を与えていただいたことである。というのも、私は将来的には特に児童思春期の精神医療に従事したいと考えており、滋賀県の児童思春期専門の精神科医は少なく、いわんや日本全国においても児童思春期の精神医療をトレーニングする病院は数も少ない。そういった中で、児童思春期精神医療において世界トップクラスの病院でどのような精神医療、専門家の研修がおこなわれているか、直接見学できたことは私にとって生涯の貴重な体験であったとともに、その機会を与えてくださった方々に深く感謝している。
 研修させていただいた病院はSouth London & Maudsley NHS Foundation Trust (SLaM) はモーズレー病院とベスレム病院という、長い歴史のある精神科病院で、NHSの変遷とともに再編成された組織である。日本では、アスペルガー症候群を世界に紹介した、自閉症スペクトラム概念の創始者であるローナ・ウイングが所属していたことで有名である。児童青年期精神医学分野における教育プログラムとしては世界最高峰と言われるロンドン大学児童青年精神医学専門研修プログラムの中で臨床研修施設として機能しており、臨床研究のみならず教育機関としてのレベルも高い。
 今回私は、研修医を終えた後、滋賀県のそして日本の精神科医療に従事する前に、世界最高峰の児童思春期精神医療を体験し、以後の精神科医としての人生および働きに活かし滋賀県の児童思春期の患者さんのために経験を活かしていきたいという目的があった。また、滋賀医科大学の後期研修医になれば、そういった世界最高峰の精神医療に窓口があり、高いレベルの研修を行えることを初期研修医や学生にアピールすることで、滋賀県の精神科医確保の一助とならんことを期待している。

 

続きを読む

はじめに

 South London & Maudsley NHS Foundation Trust (SLaM) はモーズレー病院とベスレム病院という、長い歴史のある精神科病院をもとに、NHSの変遷とともに再編成された組織である。ロンドン南西部の4つの区(ランベス、サザック、ルイシャム、クロイドン)の精神保健ならびに薬物依存医療、および隣接するベクスリ−、グレニッジ、ブロムリーの薬物依存医療を担当している。モーズレー病院、ベスレム病院は共に世界最古の精神病院の一つであり、その歴史は1247年に溯る。モーズレー病院に隣接して、精神科領域の研究では世界でトップクラスの精神保健研究所があるため、世界各国から臨床家や研究者が集まってきて、先駆的な基礎・臨床研究が盛んである。

 日本では、アスペルガー症候群を世界に紹介した、自閉症スペクトラム概念の創始者であるローナ・ウイングが所属していたことで有名であろう。児童青年期精神医学分野における教育プログラムとしては世界最高峰と言われるロンドン大学児童青年精神医学専門研修プログラムの中で臨床研修施設として機能しており、臨床研究のみならず教育機関としてのレベルも高い。

 地域精神医療学講座では児童思春期分野の医療体制構築を主要な目標の一つに掲げている。昨年に引き続き、私は世界最高峰とも言われるSLaMの児童思春期ユニット、CAMHSの視察を行った。

 

続きを読む